2017年5月3日水曜日

【TSR】 保護シュナ『ラン』お預かり日記(23)


TSRの保護っ子ラン
二回のレーザー治療を終えて
無事退院しました


5月1日の夜
20日ぶりに我が家に帰宅

させてあげたかったのですが…


我が家はまだ引越しの片付けが
終わっておらず…
部屋の中はダンボールだらけで
目が不自由なランが生活するには
ちょっと危険なので
しばらくは僕の保育園で
過ごしてもらおうと思っています


今回の急性緑内障の発症
そして長期入院と手術では
いつもいつもランを見守り
応援してくださっている皆様に
たくさんのご心配をおかけしました

また
入院中のランへの応援
本当にありがとうございました
心から感謝いたします


ランは本当に頑張りました

一回目のレーザー治療では
眼圧が安定せず
もう一度レーザーを受けることに…

幸いなことに
二回のレーザー治療で
ランの左目の眼圧は下がり
その状態で安定しました

これはこれで一安心なのですが…


ランの左目は視力を失っています

視力が戻る可能性は
ゼロではないそうですが
限りなくゼロに近いそうです


右目は保護されたときから
視力がありません

現在のランは
両目とも視力がない状態です


食事と水分は
ボウルを口元に近づけてあげないと
摂ることができません

トイレの場所も
目で認識することができず
入院によって筋力も落ちていて
思うように移動ができないので
オムツを装着してもらっています

眼圧を上昇させないための点眼は
一日7回必要になります


4月下旬から
新しい家族探しを始めようと
準備を進めていたのですが
ランの状態を考えると
予定をする必要がありそうです

ランの里親募集開始を
心待ちにしてくださっている皆様には
本当に申し訳ありませんが
里親募集の開始はしばらくの間
延期させていただきたいと思います


まずは眼圧を安定させること

そして筋力を回復させて
通常の生活に支障のない動作を
自分で行えるようにリハビリを実施

それと
視力が戻らなかったとしても
散歩やトイレに行くことができるように
するためのトレーニング

ランがある程度普通の生活が
できるようになってから
改めて里親様の募集を始めたいと
そう考えています


今後
ランの視力が戻るかどうかは
誰にもわかりません

もしこのまま
視力が戻らなかったとしても
決して騒がず嘆かず
ランと一緒にそれを受け入れて
前に進んでいこうと思っています

それがきっと
ランを幸せへと導く一番の近道だと
そう思うからです


犬は失ったもののことを思い出して
嘆いたり悲しんだりはしない生き物だと
そう教えてくれた人がいます

今の自分が持っているものを
フルに使って全力で生きるのだと…

きっとこれからのランも
今の自分のすべてを使って
全力で楽しく生きていくと思います


だからきっとランは幸せになります

必ず新しい家族も見つけるはずです

その日が来るまで
TSRメンバー全員でランを大切に
お預かりさせていただきます

目は見えていませんが
ランはとても元気にしています

J.Takagi


TSR - チーム シュナウザー レスキューでは随時メンバーを募集しています
シュナウザーが大好きで、迷えるシュナを一頭でも多く幸せにしてあげたい…そんな思いを持ったメンバーがTSRに集まって、日々シュナの幸せのために活動しています。
TSRの活動には、シュナの一時預かり以外にもいろいろな役割があります。
もしTSRに少しでも興味をお持ちいただけたら気軽にこちらからお問合せください。
是非TSRにご参加ください!

TSRの保護っ子たちは新しい家族との出会いを心待ちにしてます】
TSRのシュナたちは、新しい家族との出会いを心待ちにしながら、毎日預かり担当と生活しています。
みんなかわいい良い子です。
是非一度、TSRの保護っ子たちをご覧になってください。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

4 件のコメント:

Keiko Morii さんのコメント...

高木様、ランちゃん、応援ありがとうございました。
お陰様で今年も入賞し、副賞のうまうまを頂きました(^_-)-☆

ランちゃん、
ラッキー母は、早く走れるような心肺機能などないので、
せめて強く走れるようになりたいと思っているんだよ。
周りの人が毎日、長距離を練習しているから、母も頑張っていたんだけれど、
昨年9月に若い人の練習を真似したら、足を痛めてしまって、
3~5キロ、一日おきにしか練習できなくなったんだぁ・・・
だけど、11月の大会からタイムが短縮して
前年の同じ大会のタイムより良くなったんだよ(≧▽≦)愉快でしょ~

他の人と同じ事が出来なくてもいいし、
今まで出来ていた事が、同じように出来なくても大丈夫なんだよね(*^^*)

見守り隊長のエマちゃんパパとママが、
ランちゃんにとっての良い方法で、
ランちゃんらしく生活できるようにして下さっているから、
安心だね(*^^*)

ランちゃん、
マイペースでありながら、
一緒に強く生きようね(*^^*)

※昨日、帰路の途中でスマホから投稿した物があったら、ダブるので昨日のを削除してくださいませm(_ _)m

Junichi Takagi さんのコメント...

◇Keiko Morii さま

いつもランへの応援コメントを
いただきありがとうございます
なかなかお返事もできず
新しい記事の投稿もできず
申し訳ございません

ランは毎日元気に過ごしております
視力は戻っておらず
点眼は3種類の目薬を日に4回
薬の数や回数はかなり減りましたが
食事や水の補給
排泄は自分だけではできないので
まだ世話に手がかかる状態です
それでも体力は取り戻しつつあり
筋力もアップしたこともあって
自力でかなり動き回ることが
できる世になっています
この先
ランがどうなっていくのかは
わかりませんが
落ち着くまでマイペースで
過ごさせようと思っています
近いうちにブログで
ランの近況をご報告しますので
少々お待ちください

Moriiさまとラッキーくんは
変わりなくお過ごしでしょうか
これから暑さも本格的になってきますので
どうかご自愛ください

Keiko Morii さんのコメント...

Takagi様、ありがとうございます。

ランちゃん、穏やかに過ごされている事でしょう(*^^*)
ラッキーの動物病院にも、眼科専門があるので、
ランちゃんを迎えても大丈夫と思っておりましたが、
見えなくなって知らない家では、ランちゃんは可哀想ですものね。

その後のラッキー家は・・・
ラッキーは5月5日に、毎年の血液検査のついでのエコーで・・・
脾臓と肝臓の腫瘍が見つかり、17日に摘出手術をしました。
全摘出した脾臓の二ヶ所に血管肉腫があり、余命3ヶ月と診断されました。
癌の栄養にならない物で、ラッキー自身の栄養になる食事にしています。
転移も、再発も無く、食欲もあり、
今までと変わらず元気に過ごしています(*´・ω・`)b
いろはチャンに教えてもらった「ヒルトンハーブ」も、ふりかけていますよ(^_-)-☆
そんな中、私に出来る事をと、預かりボランティアも考えましたが・・・
今、私を必要としてくれている、9歳の繁殖引退犬のミニチュア・シュナウザーちゃんが、
四国のブリーダーさんの所に居るとお話しがあり、我が子に迎えしました。
おふたりさんとも高齢なので遊びませんが、揉める事無く、仲良く一緒にいます。
シュナちゃんは「めぐみ」と名付けました。

ランちゃんが来てくれる事があった時の為に・・・
左右対称でバランスが良く、華やかな「蘭」ちゃんにしてあげようと
その名前は取ってありますよ(^_-)-☆

Takagi様ご夫妻様も、どうぞ、お身体おいとい下さいませ(^_-)-☆

Junichi Takagi さんのコメント...

◇Keiko Morii さま

いつもランへの温かいコメントをいただき
本当にありがとうございます
なかなか返信できずに申し訳ございません

ラッキーくん
とても大きな手術を頑張ったのですね
今は元気に過ごしているようで良かったです
人間の余命宣告の7割は
良いほうに外れるといわれています
ラッキーくんはこれからもまだまだ元気に
毎日を楽しんでくれると思います
めぐみちゃんがきっと
ラッキーくんに良い刺激を与えてくれて
これからますます健康になると思います
ラッキーくん
これからも毎日楽しんで!!

ランに素敵な名前を考えてくださり
ありがとうございます(*^^*)
ランには良い兆しも見え始めていますが
もうしばらくTSRでお預かりさせていただこうと
考えております

これからもランの毎日を
温かく見守ってくださると嬉しいです
いつもありがとうございます